平安時代

平安時代の人々の暮らしは本当はどんな感じだったのでしょうか?

平安時代の人々の暮らしを少しだけ覗いてみよう

平安時代というと、あなたはどのようなイメージをいだくでしょうか?

 

貴族により艶やかで優雅な生活を思い浮かべる人も多いことでしょう。

 

源氏物語の世界にあこがれて「平安時代に生まれればよかった」などという女性も多いのですが、本当に現代より平安時代の生活の方がいいのでしょうか?

 

冷静に考えてみると分かりますが、電気もなければテレビや電話もない平安時代の生活に、現代の便利な暮らしに慣れてしまった人たちが耐えられるはずがありません。

 

また、源氏物語で語られているのは、あくまでも貴族たちの生活です。

 

一般庶民にいたっては、かなり質素な生活をしていたと考えられています。

 

地方にいくと竪穴式住居での生活が当たり前だったようです。

 

竪穴式住居といっても縄文時代のころのような簡素なものではありませんが、貴族たちが寝殿造りとよばれる立派なお屋敷に住んでいたのと比べると、その暮らしぶりの違いには驚かされます。

 

このことからも私たちが描いている平安時代のイメージは、ごく一部の貴族たちだけの生活をだということが分かると思います。

 

このサイトでは、平安時代における真実の人々の暮らしについて、さまざまな角度から考えていってみたいと思います。

 

 

平安時代に活躍した代表的な人物とは?

時代を動かす大きな活躍をする人物というのはいつの頃にもいるものです。

 

もちろん平安時代にも、文化的・政治的・新たな時代の幕開けを促した人物というのが存在します。

 

ここでは、平安の世に特に秀でた活躍をした人物たちをご紹介してみたいと思います。

 

《この続きを読んでみる》

 

貴族たちはお風呂に入らないのが普通だった?

入浴はストレス解消にもなりますし、血行が良くなることで健康への効果が高いものです。

 

今でこそ気軽に家風呂を使うことができ、気軽に楽しむことができますが、平安時代にはどうだったのでしょうか。

 

当時のお風呂事情について解説していきます。

 

 

 

《この続きを読んでみる》

 

平安時代の貴族たちの暮らしはどのような感じだったのか?

平安時代は華やかな貴族文化が花開いた時代です。

 

源氏物語や枕草子などの文学からも、彼らの優雅な生活が想像できます。

 

ここでは、平安時代の貴族たちがどのような暮らしをしていたのかについて、さまざまな角度から見ていきましょう。

 

《この続きを読んでみる》

 

平安時代の結婚は一夫多妻制でなおかつ通い婚が当たり前でした

現代における結婚は、恋愛によるものが主流となっています。当然ながら一夫一婦制であり浮気はご法度です。

 

では平安時代において結婚はどのような形態だったのでしょうか?

 

ここでは、貴族社会における結婚のあり方についてみていきましょう。

 

《この続きを読んでみる》

 

現代とは大きく異なる平安時代の美人女性の基準

女性はいつの時代も美しくありたい思うものです。

 

現代においても、コスメグッズや美容整形が飛ぶように売れるのも、女の美しくありたいという本能が働いているからに他なりません。

 

現代における美人といえば、「クッキリとした目鼻立ち」「スラっと長い手足」「美しい髪のツヤ」「美肌」などといった要素があげられるでしょう。

 

しかし、そもそも美の価値観というのは時代によって、大きく変わってしまうものです。果たして平安時代には、どのような女性が美人として好まれたのでしょうか。

 

《この続きを読んでみる》

 

十二単は本当に着物を12枚も着ていたのでしょうか?

現在でもひな人形や神前結婚式などで女性の正装として着用されることがある十二単(じゅうにひとえ)。

 

元々は平安時代の儀礼用・正装として用いられていたものでした。

 

その名前の通り12枚も着物を重ね着したら、重くて歩くのも困難では?と誰しも疑問に思うことでしょう。ここでは、十二単の歴史などをひも解きながら詳しく解説していきます。

 

《この続きを読んでみる》

 

平安貴族たちの食事や当時の料理方法について

平安時代の日本人がかつてどのような暮らしをしていたのかは、食事を通してある程度推察することができます。

 

現代の日本は飽食の時代とも言われ、伝統的な和食のみならず洋の東西を問うこと無く、世界各国のグルメを楽しむことができます。

 

繁華街に出れば、フレンチやイタリアン、中華にタイ料理とその日の気分に合わせて味わうことができるのです。

 

では、まだ世界とつながっていなかった平安時代は、どのような食文化があったのでしょうか。当時の食事に関する事情について書いてみましょう。

 

《この続きを読んでみる》

 

ルックスはあまり重要じゃなかった?平安時代の恋愛事情

時代や文化が違えば価値観も違うものです。

 

現代と平安時代では恋愛のあり方だってまったく違います。

 

当時のイケメン・美人の条件や、恋愛の仕方とはどういうものだったのか見ていきましょう。

 

 

 

《この続きを読んでみる》

 

平安時代の武士の起源と武官との違いについて

貴族のイメージが強い平安時代ですが、その終わり頃には武士という身分も誕生していました。

 

彼らはその後、鎌倉時代から19世紀まで大きな力を持つようになります。

 

律令制度が確立され、武力・軍事力を行使するのは武官の仕事でしたが、武士という専門的先頭集団が生まれたことで時代は大きく変化していったのです。

 

《この続きを読んでみる》

 

国風文化の影響を受けた日本独自の服装

平安時代の服装といえば、派手で華麗なイメージを持っている人も多いことでしょう。

 

実際のところ、普段から源氏物語絵巻に見られるような服装をしていたのでしょうか?

 

ここでは、平安時代の貴族や子供、庶民たちが日常生活において着こなしていた服装について考えてみたいと思います。

 

《この続きを読んでみる》

 

午前3時に起きて仕事は午前中で終わる生活

現代の日本は生活が多様化していて、典型的なライフスタイルを一言では表現しきることができません。

 

しかし平安時代の貴族社会ではほとんど全員が似たような生活を送っていたと考えられています。

 

果たして彼らはどのように暮らしていたのでしょうか?

 

《この続きを読んでみる》

 

貴族たちの代表的な遊びにはどのようなものがあった?

現代人は遊びのネタには事欠きませんが、今のようにゲームも映画もない平安時代において「遊び」というのは、どのようなものだったのでしょうか?

 

ここでは、平安時代の貴族たちによって日常的に行われていた「遊び」について、書いてみたいと思います。

 

《この続きを読んでみる》